あの猿はいつになったら人間になるの?
人間は猿から進化した?-基礎知識編-

 皮肉なことに「種の起源」の著者チャールズ・ダーウィンは非常に敬虔なキリスト教徒であり、著書の中でも「猿から人が進化した」とは明言していませんし、人間の起源について示唆するような記述もありませんでした。しかし出版当時、宗教や哲学界に与えた影響は大きく「神の創造物である人間が猿に似た種族から進化したなど、堕落した考えだ」と激しく非難されました。とはいえ、今でもダーウィンの進化論に基づいて「人間は猿に似た種族から進化した」と一般的に信じらているのは、皆さんご存知の通りです。

 人類(ヒト科)の起源については、まだ詳しいことは解っていませんが、ヒトの祖先として考えられている最古の化石はアフリカで見つかった類人アウストラオピテクス(Australopithecus)(5〜600万年前)です。これが二足歩行を始めた最初の霊長類の証拠と考えられています。その後、およそ180万年前になって類人から原人と呼ばれるようになり、脳が発達し道具を使うようになりました。そしてこの頃、アフリカ北部からアジアあるいはヨーロッパへと原人が移動していったと考えられています。

 このあたりの内容に関しては、解りやすいサイトがあったので、興味のある方はそちらも参考になさってみてはいかがでしょうか。なかなかお奨めのサイトです。

http://www.jinrui.net/special/htmls/01sinka/top.html

 ところで、人類に最も近いと言われている類人猿、アジアのオラウータンやアフリカのゴリラ、チンパンジーの祖先はいったいいつ頃に枝分かれしたのでしょうか?次のページにヒトを含めたこれらの種の系統樹を載せました。